スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)

 15日午後11時15分ごろ、北海道江別市元町5、パート従業員、小隅靖子さん(64)方に警察官を名乗る男が訪れ、インターホン越しに「付近でタイヤ盗難が発生した。聞きたいことがある」と告げた。小隅さんが玄関を開けると、男が土足で室内に押し入り、「カネを出せ」と脅した。男は小隅さんが差し出した現金約48万円を奪った後、タオルやガムテープで小隅さんの手足や口などを縛って逃走した。

 小隅さんは自力でタオルなどをほどき、16日午前0時40分ごろに110番通報した。小隅さんにけがはなかった。江別署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は20〜30代で、身長約170センチの細身。黒のウインドブレーカーや黒の野球帽、眼鏡、マスクを着用していたという。【吉田競】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:出頭の17歳少年を逮捕 山口
強盗致傷容疑:女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島
強盗傷害容疑:80歳男逮捕 家侵入、けがさせる 警視庁
コンビニ強盗:82歳男、自転車の空気入れで脅す 名古屋
強盗傷害:男性殴られ重傷 愛知・豊明

日本振興銀行を家宅捜索=メール削除で検査逃れ―銀行法違反容疑で警視庁(時事通信)
いじめ言葉監視→通報…学校裏サイト監視システム(読売新聞)
<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
「強い社会保障」意識し、医療・介護も成長分野に−民主、参院選マニフェストを決定(医療介護CBニュース)
「暴力団と交際」木瀬親方、理事会で認めていた(読売新聞)

両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は4日午後、静養のため神奈川県葉山町の葉山御用邸に入られた。秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまも合流された。

 皇居・宮殿での新首相の任命式などが週明けに行われる見通しとなったため、両陛下は当初の予定通り静養に入られた。8日に帰京される予定。

【関連記事】
両陛下、戦没・殉職船員追悼式に
陛下のご静養「5日から」と官房長官 閣僚辞表4日とりまとめ
両陛下が「大哺乳類展」をご覧に
両陛下が日本芸術院授賞式へ 午後には茶会
両陛下、迎賓館ご視察 皇太子さまご一家も

乳幼児の「手足口病」西日本中心に増加続く(読売新聞)
議論好き・菅氏、気さくな性格・樽床氏(読売新聞)
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
<東京メトロ>東西線一時運転見合わせ 電車から煙 葛西駅(毎日新聞)
「ゴールに近づくパスを」=本番前最後の強化試合に―サッカーW杯(時事通信)

相乗り3衛星、電波確認できず=大学が開発、H2Aで打ち上げ(時事通信)

 金星探査機「あかつき」に相乗りする形で、21日にH2Aロケット17号機で打ち上げられた4衛星のうち、大学・高専連合の衛星「UNITEC(ユニテック)―1」など3衛星の正常飛行が確認できないことが26日、分かった。同日開かれた文部科学省宇宙開発委員会で報告された。
 ほかの2衛星は、早稲田大と鹿児島大の小型衛星。いずれも衛星から発信されたと特定できる電波が地上に届いていないという。 

【関連ニュース】
大学衛星、順調に飛行=金星探査機もパドル展開
電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星
金星探査機、打ち上げ成功=日本初、H2Aで
18日に打ち上げ=金星探査機、H2Aで
H2A、発射地点に=あす金星探査機打ち上げ

みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
普天間移設 日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で(毎日新聞)
未認定1人の却下処分取り消し=原爆症訴訟―千葉地裁(時事通信)
小沢氏、超ゴキゲン!68歳の誕生日(スポーツ報知)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)

長嶋さん「多摩川の母」に別れ…おでん店女将通夜に巨人OB多数(スポーツ報知)

 今月16日に多臓器不全のため亡くなった東京・大田区の旧多摩川グラウンド近くのおでん店「グランド小池商店」の女将(おかみ)・小池まつさん(享年82歳)の通夜が20日、東京・西五反田の桐ケ谷斎場で営まれた。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(74)、堀内恒夫前監督(62)らジャイアンツOBが多数参列した。

 「小池のおばちゃん」に別れを告げるために往年のV9戦士が集結した。巨人が多摩川を練習場として使用した1955年から98年まで、ナインの憩いの場だった店で名物女将として愛された小池さん。常連だった長嶋終身名誉監督は、焼香を終えた後に「グラウンドのすぐそばでね、おでんからサイダーまで何でもあったなあ。みんな『おばちゃん、おばちゃん』って呼んでね。人柄? 最高よ」と故人をしのんだ。堀内氏は「コーチに『腹痛い』なんて言ってジュースを飲みに行ったりね。いい時代だった。本当に寂しい」と、店に通った若いころを懐かしんだ。ほかにも末次利光、黒江透修、吉田孝司、倉田誠、河埜和正、関本四十四らOB各氏が参列。さらに王貞治、篠塚和典、駒田徳広、宮本和知、緒方耕一各氏からは弔花が贈られた。

 戒名は「慈愛球琳信女(じあいきゅうりんしんにょ)」。小池さんの人柄を表す「慈愛」の言葉に、野球の「球」の一文字が続いた。入り口に置かれたデジタルフォトフレームは、店に飾った55年分の写真を映し出した。葬儀・告別式は21日午前10時から同所で行われる。


 【関連記事】
堀内氏、地元で堂々“第一声”「初回は三者凡退だ」
堀内氏が“選挙始球式”王さんから「目指せ!総理大臣」
政治の混乱をスターの顔で収めるのは間違っている
進次郎氏「巨人はまるで人材の宝庫」

民主複数擁立に「共倒れ」危機? 大阪、京都、兵庫(産経新聞)
振興策要望受け取る=徳之島住民との面会―官房長官(時事通信)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
<子ども手当>トキにも支給 ただしドジョウで(毎日新聞)
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人(産経新聞)

大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑(産経新聞)

 大阪市の第三セクター「大阪港トランスポートシステム」(同市住之江区)が販売していた大阪港咲洲トンネルの有料回数券が大量になくなった問題で、大阪府警は17日、同社トンネル管理事務所の元所長が回数券を着服した疑いが強まったとして、業務上横領容疑で逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者らによると、元所長は平成20年10月ごろまでトンネル管理業務を担当。回数券の販売・管理を一手に引き受けており、2千〜3万円の回数券を、大量に着服した疑いが持たれている。

 回数券をめぐっては20年9月の大阪市の監査で、帳簿上の販売枚数と在庫数が一致しないことが発覚。その後の調査で、約1万枚(約2億円相当)が不足していたことが分かった。

 大阪港トランスポートシステム社は「少なくとも一部については、元所長が横領した可能性が高い」として、府警に刑事告訴するとともに、損害賠償を求めて地裁に提訴していた。

 一方、元所長は回数券の不足が発覚した後、体調不良を理由に依願退職。市の調査に対し「横領はしていない。回数券の不足は就任する前から生じていた」と、不正への関与を否定していたという。

【関連記事】
資産運用で預かった30億円横領 容疑の元公認会計士を逮捕
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
日大“激震”不祥事資料が流出…セクハラ実名、大麻、ハレンチ写真
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
着服は1・7億円? 容疑の元信金職員を逮捕 「車、旅行…」
中国が優等生路線に?

ラフード米運輸長官がリニア試乗=時速502キロ、「とても速かった」(時事通信)
ホームレス使ってダフヤ行為した男逮捕 警視庁捜査、2年で1千万円売り上げ(産経新聞)
子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)
<一酸化炭素中毒>塗装会社社員が死亡 新日鉄君津で作業中(毎日新聞)
医師も参加し路上喫煙禁止の啓発(産経新聞)

拳銃突きつけ「カネを出せ」 投資家、キャリーバッグの1億3500万円奪われる(産経新聞)

 10日午前10時25分ごろ、千葉県木更津市真舟の路上で、帰宅途中の同市に住む投資家の男性(62)が、近づいてきた男2人に拳銃(けんじゅう)のようなものを突きつけられ「金を出せ」と脅された。男らは男性が持っていた約1億3500万円入りのキャリーバッグを奪い逃走。千葉県警木更津署は強盗事件として逃げた男の行方を追っている。

 同署によると、男らは1人が外国人風で年齢30歳くらい、身長は約170センチで黒色ジャンパーを着ていた。もう1人は、日本人風で、白色マスクを着用していた。

【関連記事】
強盗が寄ってくるリサイクル店? 3カ月連続で被害に
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
入れ墨彫り師宅で強盗ビックリ逮捕 女性施術中、一喝され
特盛りもタダ食い…牛刀で牛丼店員脅し「金を出せ」
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」  
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声(産経新聞)
「首相の無知のツケ」=自民・石破氏(時事通信)
検証 医療ツーリズム元年(3)「言葉をつなぐ」(医療介護CBニュース)
介護サービスへの苦情、1割減−東京都国保団体連合会が調査(医療介護CBニュース)
殺害女性の遺族、「別れさせ屋」と元夫を提訴(読売新聞)

もんじゅ運転再開へ 福井県知事と経産相、文科相が合意(産経新聞)

 福井県の西川一誠知事は26日、東京都内で川端達夫文部科学相、直嶋正行経済産業省と会い、高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」(敦賀市)の運転再開を了承する方針を伝えた。原子力安全・保安院による検査などを経て5月上旬にも運転が再開される見通し。平成7年12月のナトリウム漏れ事故による停止以来、14年半ぶりの再開となる。

 西川知事は協議結果を持ち帰り、河瀬一治・敦賀市長の意向を確認した上で、週内に地元であらためて文科相と会談、再開了承を正式に伝える方針だ。再開は当初、3月中の予定だったが、再開に向け県側が求めた福井への北陸新幹線延伸など、地域振興策で国との駆け引きが長期化し、県側が了承の潮時と判断したとみられる。

 高速増殖炉は運転しながら核燃料を増やせる「夢の原子炉」とも呼ばれ、資源小国である日本にとって重要な技術。政府は、使用済み核燃料を再処理して利用するプルサーマル発電とあわせて、核燃料サイクルの中核に位置づけている。

 地球温暖化対策として、発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電への期待が高まっており、もんじゅの重要性も増していた。

 もんじゅは出力28万キロワットの発電が可能な原型炉。昭和58年に国の設置許可を受け、平成6年に初臨界に達した。しかし、7年12月に冷却材のナトリウム漏れ事故を起こした。

 ナトリウムは空気や水と触れると激しい化学反応を起こすため扱いが難しいうえ、当時、運転していた動力炉・核燃料開発事業団(動燃)が事故を撮影したビデオを一部隠蔽(いんぺい)するなどして不信を買った。

 その後、事故部分の改造工事や、動燃の解体と日本原子力研究開発機構の発足などを経て今年2月、原子力安全委員会は安全性を確保できる体制が整ったと確認し、地元の了解を待っていた。政府は、平成37年に出力50万〜75万キロワットとした実証炉、同62年までに、150万キロワットの商業炉へとつないでいく計画だ。

【関連記事】
もんじゅ運転再開に期待感 IAEA天野局長
運転再開に向け、もんじゅにMOX燃料搬入 
もんじゅの廃炉訴え集会
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書
紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

警察手帳偽造、タイヤの値引き交渉中にちらつかせる 警察署協議会委員の男書類送検(産経新聞)
道路料金、全面見直しに否定的=平野官房長官(時事通信)
<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)
県美術館長の松本氏が出馬へ=長野知事選(時事通信)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)

個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)

■体形維持には活動的な日常生活や体に合った下着を

 20代後半から50代前半にかけての25年間で女性のウエストは約10センチ太くなり、体重は約5キロ増えることが15日、ワコール人間科学研究所(京都市)の調査で明らかになった。50代でも20代とほとんど変わらない体形をしている女性もおり、体形の変化には個人差が大きいことも分かった。

 調査は1964年からの45年間で集めたのべ4万人分のデータのうち、50年代に生まれた約1800人の平均値を算出。もっとも体形が引き締まっているのは20代後半で、30代以降は太っていくだけでなく、体の形が変わっていた。

 また30年間の追跡調査をした100人のデータを分析したところ、乳房はまず上胸のボリュームが落ち、次いで乳房下部がたわみ、最終的に全体が外側に流れて垂れていくことが分かった。尻はまず下部がたわみ、次に頂点が下がり、最後は内側に流れ落ちていた。どんな人も同じ順序で変化し、いったん変化した後、元に戻った人は一人もいなかった。

 加齢による体形変化が小さかった人は、筋力があり疲れにくい、ぐっすり眠れているなどの身体的特徴があり、活動的な日常生活を送り、自分の体に合った下着を着用している人が多かった。調査を担当した同研究所研究員の上家倫子(うえけさとこ)さんは「若いときの体形を維持している人は、日常生活でイキイキと暮らすコツを自分なりに実行していた。また、下着の購入時には必ず試着しており、体を美しくみせようという意識が高かった。若いときの体形を維持するためにも、体形にあった下着を身につけてもらえれば」と話している。

【関連記事】
糖尿病“やせ”の人こそ要注意 早食い止めて、ゆっくり
女性の75%がメタボに高い関心
川島なお美「何も付けないで来ました」
女性向け体形補正肌着、「低価格」拡充 購買意欲を刺激
“ハマのドカベン”減量からも卒業? 筒香の大食い伝説
外国人地方参政権問題に一石

愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に(産経新聞)
モノクロで「森」表現(産経新聞)
民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?(読売新聞)
性犯罪被害「就寝中」すべて無施錠、高層階4割(読売新聞)
小・中学生が利用する携帯電話キャリアに男女間で違い――バンダイナムコゲームスとネットマイルが調査

<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)

 2月末のチリ大地震の際、同国中部の沿岸部で局所的に4時間以上津波が繰り返し押し寄せたことを、早稲田大の柴山知也教授(海岸工学)らが現地調査で確認した。津波が海岸線付近の浅い海域で反射を繰り返したことが原因という。14日、早大で記者会見した。

 柴山教授らは今月2〜11日、震源に近いチリ中部の沿岸で津波被害を調査した。大きな被害が出たコンスティトゥシオン南方の港町ジーコでは約4時間にわたって津波が押し寄せた。その間に最大約6メートルを含む大きな津波が計3回観測されたほか、その最後の津波が町を最も破壊したとの証言があった。他の町でも規模と周期は異なるものの津波が4時間以上続いていた。

 津波は浅い海域の深さ約35キロ地点を震源とする地震で発生した。津波が海岸で反射した後も拡散することなく反射を繰り返したのは、海底の傾斜が緩い大陸棚が発達した沿岸の地形的な特徴によるという。柴山教授は「国内でも津波は連続して起きうる。特に港湾内では顕著に反射を繰り返す。第1波が小さいからといって第2波も小さいとは限らず注意が必要だ」と警告する。【八田浩輔】

【関連ニュース】
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ大地震:津波に6割避難せず…内閣府など調査
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」

<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
ドイツ軍用拳銃350丁、税関スルー…誤配送(読売新聞)
日医会長、自民参院候補の推薦取り消し提案へ(産経新聞)
「普天間」見通し立たず=鳩山首相、核サミットへ12日出発(時事通信)

避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)

 2月末のチリ大地震に伴う大津波で避難指示・勧告が出された地域で、住民の避難率が37・5%にとどまったことが13日、内閣府などのアンケート調査で分かった。

 避難しなかった57・3%のうち、約半数が「津波で浸水する恐れのない地域にいると思ったから」と理由を回答。中井洽防災担当相はこの日の閣議後の記者会見で「ハザードマップは10メートルの波を想定しており、『3メートルならたいしたことはない』と考えたのではないか。マップの見直しについて、中央防災会議で議論したい」と述べた。

 調査は3月、青森・岩手・宮城3県の36市町村の5千人を対象に実施。2007人から回答があった。

【関連:チリ大地震】
キャンセル料1800万円 政府緊急医療チーム派遣中止で
チリ大地震の死者は486人に 内務省が修正
津波で公民館などへ避難は指示対象のわずか6・5% 
「政府の支援は遅かった」が6割 チリ世論調査
1日の長さ、わずかに短縮 地軸も移動 NASA分析

髄液減少症、検査は保険対象=治療法は2年後適用目指す−厚労省(時事通信)
藤井元運輸相、自民に離党届提出(読売新聞)
大江健三郎賞に中村文則さん(産経新聞)
<連合>参院選に向け不満くすぶる 「小沢氏辞任」は陳謝(毎日新聞)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
ライブチャット
審査 甘い キャッシング
情報商材レビュー
競馬サイト
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    とろろいも (01/16)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    サキューン (12/31)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ヘッド (12/07)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
  • <強盗>民家から48万円 警官名乗りドア開けさせ 北海道(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM